クリスマスのジュエリープレゼント

クリスマスと言えば、イルミネーションですよね。冬の澄んだ空気に色鮮やかなイルミネーションはとても映え、二人の気分も盛り上がること間違いなし。

ここでは、そんな全国のオススメイルミネーションのスポットを厳選してご紹介いたしましょう!

東京ミッドタウン「ミッドタウンクリスマス 2015」

東京ミッドタウンのクリスマスイルミネーション

数ある東京のイルミネーションの中でも、毎年ファンも多い「東京ミッドタウン」。約52万個のLEDが輝く、東京ミッドタウンの冬の風物詩となっています。今年は9年目を迎え、「ミッドタウン・クルーズ」をコンセプトに多彩なイルミネーションが東京ミッドタウンの街を彩ります。

メインイベントは、約2,000 ㎡の広大な芝生広場で展開される「スターライトガーデン2015」です。東京ミッドタウンのイルミネーションカラーである青をベースにした約18万3千個の光の中に、宇宙をイメージした青と白の光で惑星を中心とした空間を表現。宇宙を遊泳するような「無重力の世界」や「惑星」をイメージした4つのシーンで魅力的な空間を演出しています。

直径6mの「ヴィジョンドーム」は様々な惑星を想起させる多彩な色でスターライトガーデンを彩り、今年初めて導入される「星空イルミネーション」は、頭上で星屑のようにきらきらと光るLEDを設置し、今までにないきらめきを体験することができます。まるで宇宙にいるような幻想的な空間と美しい光と音楽のショーが2人のムードを確実に盛り上げてくれるでしょう。

また、ガレリアの入り口の4層吹き抜けには、約1800体ものサンタクロースを積み上げた高さ約4mの「サンタツリー」も登場。ガーデンテラスの吹き抜けでは、「フロストフラワー」をテーマにした装飾も行われています。

「ミッドタウンクリスマス 2015」の実施期間は、2015年11月12日(木)~12月25日(金)、点灯時間は17:00~23:00(一部エリア~24:00)なので、クリスマスに食事を楽しんだ後でも夜遅くまでイルミネーションを楽しむことができます。ミッドタウンのイルミネーションの良さの一つに、都会のど真ん中にあるというアクセスの良さが挙げられます。六本木近辺には、食事をするオシャレなレストランもたくさんありますし、映画館もあったりとクリスマスのデートプランには事欠きません。

メイン以外にも見どころがたくさんあるミッドタウンのイルミネーション

東京ミッドタウンのクリスマスイルミネーション

メインエリアのスターライトガーデン以外にも東京ミッドタウンのイルミネーションには見どころがたくさんあります。

ウェルカムイルミネーションは、「ミッドタウン・クルーズ」のスタート地点であり、多くの人が行き交う外苑東通り沿い、プラザ1Fは、華やかな印象に一新したウェルカムイルミネーションが灯ります。

外苑東通り沿いは、ホワイトとピンクで彩られた木々でわくわくした時間への期待感を高めます。また、プラザエリアでは地球上の「自然現象」をイメージしたオーロラやサンライズ、レインボー、ブルースカイなどをイルミネーションで表現。フルカラーLEDを使って15分で4種類の自然現象へと移り変わり、様々な表情を楽しめます。

シャンパン・イルミネーション、9本の木々に約2万個のホワイトLEDと雪が舞い降りる様を表現したスノーフォールを使用したイルミネーション。シャンパングラスの形とスノーフォールで演出された舞い降りる雪がロマンティックな雰囲気を演出します。

ツリーイルミネーションは、メイン会場「スターライトガーデン 2015」、「スターライトロード」へ続く散歩道にはキャンドルのあかりのような温かみのあるイルミネーションで、おもてなしの心を表現します。キャンドルのような光でガーデンを彩る「奇跡の木」「エンヤツリー」にもぜひ注目してください。

イルミネーションコンシェルジュやツアーでさらに満喫

東京ミッドタウンのクリスマスイルミネーション

東京ミッドタウンのイルミネーションは比較的広範囲に渡っています。効率的で確実にイルミネーションを楽しむためのサービスとして、おすすめのクリスマス情報を案内する「イルミネーションコンシェルジュ」とクリスマス期間限定の「イルミネーションツアー」も実施されています。

「イルミネーションコンシェルジュ」では、イルミネーションの詳しい説明や、おすすめの写真撮影スポットの紹介など、東京ミッドタウンとっておきのクリスマス情報を案内してくれます。「イルミネーションツアー」は、約1時間イルミネーションのストーリーや見どころを余すところなく紹介するツアーです。予約が必要となり、各回15名の定員で料金は一般1,500円になります。せっかくの綺麗なイルミネーションなので、最大限満喫したいですよね。

東京ミッドタウンのブルーと白のイルミネーションはクリスマスの寒空にとても映え、ロマンティックな雰囲気になること間違いなしです。オシャレな場所で見るイルミネーションはまた格別。都会でのクリスマスデートもイルミネーションの力を借りてさらに盛り上がりましょう。

画像出典:東京ミッドタウン

大阪が光で溢れる「大阪・光の饗宴2015」

大阪・光の饗宴2015のクリスマスイルミネーション

2013年冬にスタートした「大阪・光の饗宴」が今年も開催されます。今年のテーマは「大阪の夜を彩る光のミュージアム」。大阪の中心を南北に走る御堂筋を光で包みこむ「御堂筋イルミネーション」、水と光の際立つ中之島で開催される「OSAKA光のルネサンス」の2つを「コアプログラム」、大阪の各所で灯される個性あふれる光を「エリアプログラム」と光で大阪が繋がります。大阪の街が広範囲で光に彩られ、2人のクリスマスにも彩りと感動を加えてくれることでしょう。

今年はOSAKA光のルネサンス特別プログラムとして、過去に人気を博した光のプログラム「ウォールタペストリー」を新たな作品で特別公演として4年ぶりに開催します。タイトルは「ウォールタペストリー特別公演~ありがとう、そして永遠(とわ)へ~」。100年以上の歴史を誇る大阪府立中之島図書館正面の壁面をスクリーンに、光と音楽が一体となった大阪・中之島だけで体験できる芸術作品が展開されます。光と音楽に中之島の歴史的な雰囲気も加わり、ロマンティックなムードをさらに盛り上げてくれます。クリスマスのデートには、「ウォールタペストリー」を見に行ってみるのでいかがでしょうか。

梅田から難波まで繋がる光の道、ギネス認定の「御堂筋イルミネーション」

大阪・光の饗宴2015のクリスマスイルミネーション

「御堂筋イルミネーション」は2015年1月に「最も多く街路樹にイルミネーションを施した通り」として、ギネス世界記録に認定されました。今年はさらにパワーアップし、大江橋北詰交差点から阪神前交差点まで延伸し、全長約4kmの御堂筋全体が圧倒的な光で彩られます。また、区間ごとに春・夏・秋・冬を表現した4色のイルミネーションを施し、四季の移り変わりをイルミネーションで楽しめるような仕掛けもなされています。御堂筋をひたすら歩いてもずっとイルミネーションに彩られているというのはすごいことですよね。イルミネーションがあることでいつもの風景も2人にとって特別な場所になることでしょう。

梅田から難波までは、飲食店も充実しています。クリスマスには、オシャレなレストランで食事をした後、光の饗宴をたっぷりと楽しむことも可能です。また、食事をしながらイルミネーションを楽しみたいという方には、 期間中33店舗の飲食店で「大阪・光の饗宴2015」のためのオリジナルメニューが期間限定で提供されます。このオリジナルメニューをオーダーできる特別パスポートも販売され、食べたり飲んだりしながら光に包みこまれた大阪の街を2人で歩くことも可能です。

大阪・光の饗宴2015のクリスマスイルミネーション 「大阪・光の饗宴2015」開催期間は、2015年11月29日(日)~2016年1月17日(日)。開催地は中之島公園(市役所~剣先)、御堂筋をはじめ、大阪市内各所と広範囲に渡っています。ご紹介したプログラムの他にも、中之島イルミネーションストリートでの音楽に合わせて約10万球の光が奏でる「光のアーケード」や、大阪市庁舎正面イルミネーションファサードで行われ~大阪・光の饗宴のシンボル、大阪市中央公会堂をスクリーンにしたプロジェクションマッピング「WONDER VOYAGE -時空の旅-」など随所に光と楽しめる仕掛けが施され、クリスマスには大阪の街が2人を盛り上げてること間違いありません。

画像出典:OSAKA光のルネサンス2015 大阪・光の饗宴2015

日本で最初のイルミネーション「第35回さっぽろホワイトイルミネーション」

さっぽろホワイトイルミネーション

日本で最初のイルミネーションとして1981年に始まり、今年で35回目となる冬の札幌を彩るイベントです。1981年に1,048個の電球で始まった「さっぽろホワイトイルミネーション」は新しい観光を考えて始まりました。札幌の美しい雪景色を光で表現し始めたのがきっかけということです。今では日本各地で見られるイルミネーションの先駆けとなりました。

今年は市内3会場で行われ、大通会場を大幅にリニューアル。これまでは大通公園西1〜3丁目までだった会場を5丁目までと範囲を拡大し、電球も昨年より7万個多い約52万個もの電球で華やかに札幌が彩られます。クリスマス時期は24時まで点灯時間が延長されるため、クリスマスのデートでもゆっくりとカップルの時間を楽しむことができます。

また、11月21日(土)~12月25日(金)までの毎日、点灯スイッチを押すカップル・グループを募集しています。スイッチを押すと、ホワイトイルミネーション大通会場と、テレビ搭を一気に点灯させることができます。2人のクリスマスの思い出にずっと残ることになるに違いありません。ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

各会場の見どころ

さっぽろホワイトイルミネーション

大通会場の1丁目はライトアップされたさっぽろテレビ塔下の会場です。赤エゾ松の木を電球で彩った、赤いハート型の装飾が印象的な「LOVE Tree」がお目見えします。11月23日とクリスマス時期の12月20日〜25日には、テレビ塔が特別ライトアップされる予定なので、通常ライトアップから切り替わる瞬間を2人で見届けるのもロマンティックですよね。

大通会場の2丁目では、「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」が開催されるエリアです。2丁目会場には、「宇宙の領域」と題されたシンボルオブジェが登場します。クリスマス市の期間中は、会場を囲むように個性豊かなお店が軒を連ね、ドイツをはじめヨーロッパ各国のクリスマス雑貨や、北海道内のクラフト作家の小物、ドイツ料理や温めたワインにシナモンやオレンジを入れたホット・カクテル「グリューワイン」などが提供されます。寒空の下2人で温かい料理や飲み物を楽しむのもいいですよね。ストーブがたかれた休憩所部屋も用意されているので暖を取りながらデートを楽しむこともできます。

大通会場3丁目には、大通公園を幻想的な空間に変える「スノークリスタル」や、一面が冴えた青色に輝く「クリスタル・リバー」など、カラフルなオブジェが集まるもっとも華やかなエリア。イルミネーション会場全体の約9割にLEDが採用されています。

さっぽろホワイトイルミネーション

JR札幌駅からすすきの方面へと続く「駅前通」。ここでは、札幌の街を象徴する道路の中央分離帯にある立木を、LEDで装飾しています。枝に絡んだ単色の光が、とても大人っぽい雰囲気を放っています。デパートやファッションビルが並ぶ、南1条西1丁目から3丁目エリアでは東西に続く街路樹のイチョウに絡めたLEDが、街のネオンサインをいっそう華やかに彩ります。

きらめく大通公園を楽しむなら、会場を眺めるビューポイントから遠景を眺めるのもおすすめです。「さっぽろテレビ塔」や「徳光珈琲 大通店」など、ホワイトイルミネーションを暖かな場所からも楽しむことができます。2人だけの特別なスポットをぜひ見つけてみましょう。

第35回さっぽろホワイトイルミネーション開催期間

「第35回さっぽろホワイトイルミネーション」の開催日と会場は、大通会場が2015年11月20日(金)~12月25日(金)、駅前通会場が2015年11月20日(金)~2016年2月11日(木)、南一条通会場は2015年11月20日(金)~2016年3月14日(月)で、点灯時間は16:30~22:00(うち12月23日(水)~25日(金)は24:00まで)です。

30年以上続く白い雪と幻想的なイルミネーションのコラボレーションで、クリスマスを2人にとって格別な夜にしましょう。

画像出典:さっぽろホワイトイルミネーション

静岡市中心部の「青葉シンボルロードイルミネーション」

静岡・青葉シンボルロードイルミネーション

静岡市のイルミネーションスポットと言えばこちらです。JR静岡駅からほど近く、静岡市役所の裏手にある「青葉シンボルロードイルミネーション」は毎年美しいクリスマスイルミネーションが行われていて、楽しみにしている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今年で26回目を迎え、静岡の冬の風物詩として親しまれるイルミネーションです。市役所から常磐公園までを結ぶ青葉通りには光あふれる街路樹が約500mも続き、美しく輝く約20万球のLEDで彩られています。ゴールドの光がちりばめられた並木道の奥には、光り輝くクリスタルツリーや高さ10mもの巨大ツリーが出迎えてくれます。今年は日本平動物園とのコラボしたイルミネーション「ナイトZOO」も登場します。こちらは光で動物園を再現しており、光り輝く動物たちのオブジェを楽しむことができます。

スケートリンクも登場

2015年12月12日(土)~1月11日(月・祝)の期間には葵スクエアにスケートリンクが設置され、スケートも楽しむことができます。このスケートリンクは、特殊樹脂アイスマジックを使用した特別なスケートリンクです。12月19日(土)には、「しずおか"おまち"サンタフェスティバル2015」も開催され、約1000人ものサンタクロースが静岡の街なかをパレードしクリスマスムードを盛り上げます。

「青葉シンボルロードイルミネーション」は、2015年11月20日(金)~2016年1月31日(日)まで行われています。点灯時間は17時~22時(12月18日~1月2日は24時まで)なので、特にクリスマス前後は夜遅くまで幻想的なイルミネーションをカップルで楽しむことが可能です。

巨大ツリーとスケートリンクが2人の距離を近づける

静岡・青葉シンボルロードイルミネーション

「青葉シンボルロードイルミネーション」は静岡市の中心にあり、呉服町や両替町などレストラン等飲食店が多くある繁華街からもすぐに行ける距離です。クリスマスにディナーをした後に、散歩がてら見に行くにもぴったりの立地。ゆっくりと光り輝く道を歩きながら、青葉通り沿いのベンチにゆっくりと腰を下ろして話すこともできます。10メートルの巨大なツリーは圧巻です。カップルでのスケートはスキンシップも取りやすく、2人距離をぐっと近づけてくれること間違いなしです。クリスマスのスケートなんて、とてもロマンティックですよね。

画像出典:I Loveしずおか協議会

音と光の融合が堪能できる「つま恋サウンドイルミネーション」

つま恋サウンドイルミネーション

掛川市にある楽器で知られるヤマハのグループが運営する複合リゾート「ヤマハリゾートつま恋」。4年目を迎えイルミネーションも年々パワーアップしています。名物はヤマハの強みを生かした「音と光の融合」である「サウンドイルミネーション」です。

一面に広がるイルミネーションの大海原の中を音楽を聴きながら楽しむことができるメインエリアのト音記号ゾーンは、星のデザインに一新されました。今年のテーマは「こころときめくスターシンフォニア」。フルカラーのレーザービームが空を飛び交い、森の木々を照らし、光と音が連動して「星の地上絵」を演出します。イルミネーションと音楽が連動したダイナミックなスペースシアターのように、壮大なスケール感を感じることができます。

イルミネーションと音楽を同時に楽しめる場所はなかなか珍しいのではないでしょうか。音楽によって、ロマンティックに2人のムードを盛り上げてくれます。ホテル横には、イルミネーションに包まれたフードコートも登場。温かい飲み物や食べ物を食べながら、イルミネーションを楽しみたいですね。

メインエリアを一望できる屋上展望台も無料開放

野外ステージには、広場のステージから見渡せるスターダストスクエアが新たに登場しました。星空に包まれたようなファンタジックな空間を演出します。また、チャペルガーデンもイルミネーションが施され、ロマンティックな煌めきに包まれます。メインエリアの「星の地上絵」が上から一望できる壮大な屋上展望台が無料開放されているので、展望台からの圧巻の眺めを2人で楽しめること間違いなしです。

動物の森イルミネーション

他にも、スマートフォンを使って楽しめる参加型イルミネーションもあります。動物イルミネーションでは、動物の鳴き声をテーマに、楽器が無くてもスマートフォンひとつで動物たちと一緒に合奏することができ、2人で楽しめるアトラクションになっています。

「つま恋サウンドイルミネーション」は、2015年10月31日(土)~2016年4月3日(日)(うち、2016年1月5日(火)~1月7日(木)、1月17日(日)~1月22日(金)は休業)まで、行われています。点灯時間は、日没~21時(最終入場20時30分)、土・日曜、祝日は、日没~21時30分(最終入場21時)。料金は大人が1500円です。明かりの数は、LED200万個とかなり多い数で、煌めく光を満喫することができます。

イルミネーション以外にも楽しめる豊富な施設

ヤマハリゾートつま恋には、ホテルや宿泊施設、温泉などの楽しめる施設が豊富にあります。クリスマスにはイルミネーションを見に行くのはもちろんのこと、ホテルに宿泊したり、温泉に入ってゆっくりと滞在することも可能です。温泉宿「森林乃湯」やディナーバイキング、掛川花鳥園とのお得なセットのチケットも販売されています。2人の希望に合わせてクリスマスのプランを立ててみてはいかがでしょうか。