クリスマスのジュエリープレゼント

クリスマスの豆知識

クリスマスって、当たり前のように行われているイベント過ぎて、「なんでこういう風潮があるの?」と聞かれると案外分からないことも多くあるもの。ここでは、知っておくとちょっと良いかも?という豆知識をいくつかご紹介しちゃいます!
クリスマスに友達同士で集まるという方は、そこで雑学を披露すると注目を集められるかもしれませんよ♪

クリスマスイブって?

12/25がクリスマス。12/24はクリスマスイブ、という認識の方も多くいるかと思います。しかし、実はちょっと違うんです!
どういうことかというと、正式にはクリスマスイブというのは12/24の「前夜」のことを指すんです。つまり、12/24がずっとクリスマスイブということではないんですね。
それでは、なぜクリスマスイブがこんなにも大きく取り立たされるようになったのでしょう?これはユダヤ文化の歴史をさかのぼるとその答えが導き出されてきます。
ユダヤ文化では、日没を日付の変わり目ととらえていました。これが基となって、24日の日没から25日の日没前までが、クリスマスということになっているのです。
つまりは、ちょっとややこしいですが、24日の夜も一応「クリスマス」になるわけです。ただ、日付が変わるまでは「クリスマスイブ」という呼び方をしているんですね。
考えてみると、夕方のことをイブニングと言いますよね。よく12/23のことを「クリスマスイブイブ」なんて言ったりしますが、実はこれは本来の意味から外れてしまっているんです…。恥をかかないためにも覚えておきましょう!

メリークリスマスって?

クリスマスになったらみんな口をそろえて「メリークリスマス!」と言っていますよね。これってどういう意味かご存知ですか?
「Merry Christmas」の「Merry」というのは、陽気な・愉快な・楽しいといった形容詞になります。つまり、「楽しいクリスマスを!」という意味になるわけですね。
ちなみに、「メリー」のスペルは「Mary」ではありません!「Mary」というのは、「聖母マリア」のことになり、ちょっとそれっぽい感じもしますが、正しくは「Merry」です。
メッセージカードを書く時などに間違えないよう注意しましょう!

X'masって?

クリスマスと書く時に、「X'mas」と表記しますよね。この「X」って何なのでしょうか?
実はこれは、キリスト(Xristos)の「X」なんですよ。キリストは正確にはChristと書きますが、キリスト教徒を表す「Christian(クリスチャン)」や十字架を表す「cross(クロス)」など、全てを省略して「X」となります。
日本では「X'mas」と「'(アポストロフィー)」を付けるのが一般的となっていますが、実はこれは間違い!「X」自体が省略している言葉なので、「'」を付ける意味はないんですよ。
なぜ「X'mas」という表記が広がってしまったのでしょうか…?みなさんは間違えないよう、「Xmas」と書いてくださいね!

クリスマスに関するトリビアをいくつかご紹介しました!あまり深く考えたことのなかったことでも、改めて知ると「そうなんだ!」という発見になりますよね♪
友達に豆知識として披露してみるのもアリですよ!